裏当て

開先溶接において、片面から溶接施工するため、又は溶け落ち、欠陥の発生などを防止するために、開先の底部に裏から当てる金属板、粒状フラックスなど